アフターホームのBELS

アフターホームはお客様の生活費の削減と資産価値向上のためBELSをご提案します

BELSってなに?

BELSとは「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略称で、「ベルス」と読みます。BELSでは、お客様のお住まいを、省エネ性能という視点から一次エネルギー消費量を算定し、建物の「燃費」を評価する制度です。BELSは環境問題やエコの観点から国(国土交通省)が推進しています。

BELSは、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つで、住宅性能評価・表示協会が制度運営しています。評価は5段階の星マークで表示されます。

>>住宅性能評価・表示協会のホームページはコチラ

BELSラベルイメージ

bels1

住宅事業建築主基準と省エネラベルの今後

住宅版BELS利用イメージ(ゼロエネ)

bels3

BELSの評価の高い建物を建てることの施主様のメリット

%e3%81%8b%e3%81%97%e4%bf%9d%e9%99%ba%e7%94%a8BELSの評価が高い建物とは、燃費の良い省エネ性能の高い建物であることの証明になります。省エネ性能が高いということは、【光熱費など家に関わるお生活費を抑えること】につながります。新築であればこれから何十年と住む家の、毎月の生活費が低くなることは、お施主様の大きなメリットになるとおもいます。また、この先、お住まいを売却する際に、BELSの評価の高い建物は、資産価値の評価が高くなることが期待できます。