動線や収納もひと工夫した、ホテルライクな非日常空間の家

建築概要

間取:4LDK

延床面積:115.10㎡[ 34.82坪] (1階 60.45㎡、2階 54.65㎡)

構造・工法:木造軸組工法

「生活感のない、ホテルみたいな家にしたかった」と話す夫妻。「アフターホーム」の完成見学会で大理石のような白い床にひと目惚れし、標準仕様で選べると聞いてびっくり。この床を予算内でできるのは「アフターホーム」だけ。モダンな造作テレビボードや、開放感のある大きな窓、折り上げ天井が、理想とする非日常的な空間を演出しています。「子どもたちがこの家を好きって言ってくれるのが一番うれしい」。もちろん動線や収納もきちんと計算され、奥さまの家事にもに役立ちます。

 

 

 

 

 

PAGE TOP