海の近くでサーファー的スローライフ

間取:3LDK・インナーガレージ

延床面積:131.70㎡[39.84坪] (1階 76.21㎡、2階 50.52㎡)

 

サーフィンが趣味というご主人はもちろん、奥さまも海が大好き。「空気がきれいな環境のいいところで子どもを育てたい」という気持ちもあり、『アフターホーム』から紹介されたいくつかの土地の中から、海のそばのこの場所を選んだという。キューブを重ねたようなモダンな外観は、青い空と海に映えるすっきりとした白。室内も白を基調に無垢床とウッドパネルで木の風合いを加えてナチュラルに。サーファーズハウスのイメージにぴったりのネイビーのデザインドア、マリンランプがアクセントを添える。「吹き抜けやインナーガレージなど私たちの希望と予算を伝えて、できますよと言ってくれたのは『アフターホーム』さんだけだったんです」とSさん。同社から提案された海が見えるバルコニーも気に入っているそうだ。夏の朝はちょっと早起きして、まだ誰も来ていない海へ。波を独り占めしてひと泳ぎした後、家に戻って朝食を食べる。リゾート地で暮らすようなうらやましいライフスタイルを、さっそく満喫している。

建物右側がインナーガレージ。玄関前にも来客用の駐車スペースを設けた

 

アイアンのストリップ階段は実用とデザイン性を兼ね、存在感抜群。サーファーズハウスを意識して階段の照明はマリンランプを採用

 

無垢床、木目調の天井、壁の木製パネルとウッディな質感で統一したぬくもりのある空間。外観のアクセントにもなるスリット窓は外からの視線を遮るフィルムを採用。大空間でも断熱性が高く、エアコン一つで快適に過ごせているそうだ

ペニンシュラ型のフラットキッチンは壁の向こう側を通って回遊できる仕様。ダイニングの上は間接照明付きの折り上げ天井に

 

玄関ポーチから続く石畳。ローコストでも高級感のある素材を使えるのが『アフターホーム』の強み

白でまとめた玄関はリゾートホテルのような仕上がり。スリット窓から光を取り入れて明るさも確保した

 

広々としたガレージには、趣味の道具も収納できる

 

 

PAGE TOP