富士市 E 様

ある会社で、どんどん話が進んでいくことに、モヤモヤを感じていたEさん。そんなときに出会った「アフターホーム」は、話を聞いてくれる姿勢が印象的だった。家づくりにワクワクを覚え、自ら描くようになった図面。記した憧れが、1つ1つ叶えられていった。最優先したのは、家の中心にキッチンを置くこと。おしゃべり好きな子どもたちと一緒の時間が増えるよう、空間がつなげられ、家事が楽しくなるハイグレードなキッチンが採用された。「金額はもちろん、間取りやデザインもアフターホームがバランスを取ってくれました」。上質感に満ちた玄関も、ヒーターを備えた掘りごたつも、「こうしたい」が形になった。適材適所の収納や洗濯物が雨に濡れないベランダは、アフターホームの提案。洗練された雰囲気に、暮らしやすさまで溶け込む一棟が完成した。

カタログ請求

アフターホームが選ばれる理由、家づくりの流れ、グレード別の設備などが分かるカタログをお届けします。
まずはお気軽にお問い合わせください。