富士宮 K 様

ローコストの概念を超えた贅を尽くしたリゾート風邸宅

雑誌で見た「アフターホーム」さんの家が気に入って。リゾート風の家を得意とする工務店3社に絞りましたが、「アフターホーム」さんが一番コストパフォーマンスが高かったので決めました。

  

  

「自分でも贅沢だと思います」と奥さまが話すほどとにかく大きい。それまで賃貸の平屋に住んでいたけれど、ご主人と子どもたちが高身長なこともあり、せっかく新築するならゆったりと寛げて、ワクワクするようなデザイン住宅にしようと決めました。室内は、洗練されたギャラリーのような吹抜けのLDKが広がり、シンプルな白い空間を黒いアイランドキッチンとスチール階段が引き締めている。全開口サッシを開けると、庭との一体感が生まれ、より開放的な雰囲気に。2階には半屋外空間のようなバスコートをつくり、視線を遮りつつ裸のままバルコニーへ出られる。さらに、ご主人の趣味部屋兼ビルトインガレージ、富士山が見える主寝室など、毎日をリゾート感覚で過ごせる贅を尽くした邸宅が完成。K様から「アフターホーム」さんだからこそ、これだけの大きさ、自由設計、高性能を備えた家がローコスト住宅並みの価格で実現でき、ありがとうございましたとお言葉をいただきました。

PAGE TOP